AB同盟の戦い By 教祖M
ケントケイブにボスモンスターが追加される。風聞では、ドロップが結構美味いらしい。
実に複雑な気分だ。

利権というやつが嫌いだ。私はそういうものから可能な限り距離を置きたい。

私の個人的な想いはさておき、AB同盟は戦争を楽しむための集団だ。現在守城中のケント城に利権が生まれるとなれば、攻めが苛烈になろう。
ただでさえ戦争勢力間の人の出入りが活発な現状である。どこかがABを蹴散らせるくらいの勢力を築いて攻め来るケースくらい、容易に想像が付く。
そのことは、AB同盟としては大いに歓迎だ。もとより、戦争をするための組織なのだから。

苛烈な攻めが予想されてもなお、AB同盟はケントケイブをWW城管理法をベースに管理するつもりだ(ケントCにも適用出来るよう近々Updateを行い、ここに発表します)。WW城管理法は、多くのヘルプの方にとって不満だろうと思う。
それでもこうするのは、ABを「戦争好きな人たちの集団」で在らせ続けたいからだ。ABに利益目当ての人が集まり、それで最強になったとて、私の心は躍らない。

利権をベースに物事を考える人を否定するつもりは一切無い。むしろ、それは自然なことであり、現実世界にもリネの世界にも、(ほぼ)共通の世界観として存在するものだ。
あらゆる戦争・革命は利権の行方を決するためのものだ。だが、その行方が確定したときに戦争は終わり、革命の英雄は体制を守る側に回る。
これは有史以来繰り返されてきた現実で、リネの世界でも同じ事が言えよう。

だが私は、戦争を持続的・発展的に楽しみたいだけの戦争ジャンキーだ。「いつまでも戦争をしていたい」という、現実世界には稀な狂人だ。そのためには、利権の行方を確定させないことが方法論たり得る。

幸いにして、そのような狂人がリネ内には一定数居ることを知っている。
そうした人々と共に、私はこれからも狂で在り続けたいと思います。

おもしろき こともなき世を おもしろく  (高杉晋作)
[PR]
by abpri | 2006-08-15 15:27 | 教祖Mの説法
<< ケント前々夜祭 By 教祖M 8/10ケント防衛戦 By 教祖M >>