2006年 08月 02日 ( 1 )
8/2ケント防衛戦 By 教祖M
例によって仕事が遅い私だが、ふぃふが動画を編集してUPしてくれたので表題の件ご報告など。

http://www3.axfc.net/uploader/7/so/N7_2529.zip.html
abwar

もうすっかりお馴染みのケント防衛。この日も熱い攻めをくれたのはブループラネット改め《帝》JOINの各氏。こちらの動員は最終的に60名ほど。あちらさんはどのくらいだったのかのう。

展開は布告直後から激闘の連続。城内に入り込んでいる人々を排除したかったので、クラウンを回す必要に迫られ私(教祖M)で一旦回す。直後にAB血盟から布告も、門を開ける間もなく《帝》からの布告。体勢を整えられないうちから攻められると、個々のキャラの強さで一歩劣るこちらは辛い。
それでも皆が粘り腰を発揮して小波を数度凌ぐが、寄せる波濤に砂城の削られるが如く、ついに防衛崩壊。クラウンを《帝》に譲ることとなる。

GT攻めは例によって大乱戦。今回の動画、ABnormalがクラウンをGetする瞬間も収められているのが白眉。変身を解く際に、間違えてウサギ変身してるのはご愛敬。

しかしクラウンGetからの布告がまた早い。門での体勢を作りきる前に、既に攻めが始まっている。
門内でパインを振って攻め前衛の足を止めたのは七誌と推測。出来ることをやり尽くしてキャラのLvを超えた働きをしようとする姿勢は見事。

なお動画には写っていないが、右門でもAFO(OS+Fragments+大和撫子)の攻めを受けて熾烈な戦いが起きている。
c0002783_5112248.jpg
(ケント右門の状況)

両門同時攻めの苛烈さに加え、こちらは不慮の切断やリアル事情落ちなどが作戦遂行上の要所となる人物に発生し、実に苦しい展開。動画を見ての通り、勝敗を左右する山場が連続する。まさに総力戦。
ラスト、もう保たねぇッ左門破られるッというところで時間終了。この日も薄氷の勝利。

というわけで、次回防衛戦は8/6(Sun.)。ラスタバド追討イベントでモンスわきわきを楽しんだ後は、人わきわきのケント城攻城戦にお越し下さい。
[PR]
by abpri | 2006-08-02 14:52 | 教祖Mの説法